青森・五所川原・弘前

「鶴の舞橋」と岩木山!観光情報ほか|青森県鶴田町

2021年8月26日

ここは?

鶴の舞橋(つるのまいばし)は平成6年に完成した全長300メートル、歩行者専用の三連太鼓橋です。

三連太鼓橋 として日本一長く、岩木山の雄大な山影を湖面に美しく映す津軽富士見湖に架けられています。

美しい姿をした橋で、岩木山を背景にした景色も有名です。

富士見湖パーク

富士見湖パーク案内図

鶴の舞橋付近は富士見湖パークになっています。

丹頂鶴自然公園

 丹頂鶴自然公園

パーク内には丹頂鶴を飼育している「丹頂鶴自然公園」があります。

開園時間の設定はありますが、入場無料です。

鶴の里ふるさと館

移築された藁葺き屋根の民家で、館内は明治時代初期の様子が再現されています。

農具の展示などがされていて、当時の生活の様子を感じる事ができます。

開園時間の設定はありますが、入場無料です。

鶴の舞橋

鶴の舞橋を渡る

鶴の舞橋を渡る

鶴の舞橋から見る景色

鶴の舞橋から見る景色

鶴の舞橋から見る景色も綺麗で、見どころとしてはやはり「鶴の舞橋」や「岩木山」、 鶴の舞橋が架かる「津軽富士見湖」です。

鶴の舞橋から見る景色

橋の途中には展望所のような場所が3つほどあり、その展望所から望めが良いです。

橋自体長いので橋からでも橋の姿をよく見えますし、橋と岩木山のツーショット、あと橋自体が架かる「津軽富士見湖」も自然を感じられて綺麗でした。

鶴の舞橋からは、陸から見る景色とは違った景色を望む事ができます。

鶴の舞橋から見る景色

鶴の舞橋のフォトスポット

富士見湖パークからは鶴の舞橋が良く見えます。

パーク内にある案内所図に書かれていた鶴の舞橋が良く見えるフォトスポット3か所をまとめてみました。

PhotoSpot1

鶴の舞橋PhotoSpot1

無料の第二駐車場付近にある撮影スポットです。

車道から望めるようになっている場所なので、お手軽に見えます。

場所

PhotoSpot2

鶴の舞橋

鶴の舞橋の背景に岩木山が見えるスポットです。

有名なスポットのようで写真は新緑が鮮やかな7月に撮っていますが、5月頃など岩木山に雪がかぶっている季節も綺麗だと思います。

場所

PhotoSpot3

鶴の舞橋PhotoSpot3

有料の第一駐車場近くです。

県道200号線から第一駐車場に向かう際に車からでも眺めが良いと気づきやすい場所になっているので、記念撮影されている方が沢山いました。

場所

富士見湖パークの駐車場

富士見湖パークの駐車場

鶴の舞橋がある富士見湖パークには、主に有料の第一駐車場、無料の第二駐車場があります(それ以外にも公園付近には車が停められそうなスペースはあります)。

短時間でお手軽に観光されたい場合は、鶴の舞橋から最寄りで最初の30分間が無料になっている第一駐車場がオススメです。

また季節によって営業時間は変わりますが、早朝や夕方以降など第一駐車場の営業時間外には駐車場のゲート付近に無料で停められるスペースがあるので、そちらを利用する形になると思います。

観光する時間に余裕があり、鶴の舞橋を渡ったり橋の周辺を散策されたい場合は無料の第二駐車場がオススメです。

特に橋を渡ってパークを一周するような散策をされたい場合、歩く距離的には第一駐車場に停めてもさほど変わらないので第二駐車場に停められる事をオススメします。

駐車場の場所などの情報は、下の地図などご参照ください。

富士見湖パーク第一P

やすらぎの駐車帯鶴の舞橋第二P

場所

「鶴の舞橋」の情報

アクセス

住所 青森県鶴田町廻堰大沢
マップコード 71 570 829*22

訪問場所の情報

滞在時間目安 1時間前後
記事取材時期 2021年夏ごろ 夕方近く 土日

※本記事や写真は最新の情報と限りません。
必ず公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク


-青森・五所川原・弘前
-,

© 2022 ドライブ旅.com