青森・五所川原・弘前

ねぷたの事を知るならここ!「津軽藩ねぷた村」の観光情報! 駐車場情報など

2021年6月24日

津軽藩ねぷた村

ここは?

津軽藩ねぷた村は、弘前ねぷたをテーマにした観光施設です。

ねぷたの資料展示、ねぷたの実物大展示の他、津軽三味線実演、お囃子の太鼓実演、体験などもできます。

お食事やお土産物店もあり、観光施設として充実した印象でした。

ここの周りは

津軽藩ねぷた村は弘前城公園の直ぐ近くにあります。

「東門・北門(亀甲門)」から徒歩5分程の場所になっています。

有料見学エリア

津軽藩ねぷた村

有料見学エリアがあり、実物大ねぷたの展示、津軽三味線の演奏、民工芸品の製作工房などがあります。

順路は
1.弘前ねぷたの館→ 2.ヤーヤ堂→ 3.津軽蔵工房たくみ→ 4.山絃堂→ 5.揚亀園・揚亀庵→ 6.ずぐり庵

※逆回りすることも可能です。 ※所要時間は30~45分位です。

津軽藩ねぷた村

弘前ねぷたの館

津軽藩ねぷた村

受付場所入ってすぐにあります。

実物大のねぷた展示があり、迫力満点です。

笛と太鼓のお囃子の実演もしていて、その時に自分で太鼓を叩く事もできました。

津軽藩ねぷた村

そのまま進むと階段になっていて、上からねぷたを見れます。

津軽三味線の実演

弘前ねぷた館では津軽三味線実演も行っております

弘前ねぷたの館で津軽三味線の実演をしていました。

※当面の間、津軽三味線実演は「弘前ねぷたの館」で実施しています。

津軽三味線の実演は、録音・ビデオ撮影・写真は全てOKです。

津軽じょんがら節、心にも響きますね。

ヤーヤ堂

津軽藩ねぷた村

ねぷた祭りの掛け声「ヤーヤドー」から来ているようです。

ねぷたの資料が展示されています。

山側と海側で種類が分かれる!? 青森県各地でこんなに沢山の祭りが!?

個人的には「ねぷた」や「ねぶた」祭りの分布図が何とも興味深かったです。

津軽藩ねぷた村

施設情報

施設見学(有料エリア)個人
一  般      550円(税込)
高・中 学 生   350円(税込)
小 学 生     220円(税込)
幼 児(3才以上) 110円(税込)

見学・体験エリア(有料エリア)
AM9:00~PM5:00(閉館時間PM5:30)
※11月~3月 こぎん刺し実演16時終了

※必ず公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

お食事、お買物

津軽藩ねぷた村

無料エリアには、お食事処やお土産物店なども並びます。

津軽藩ねぷた村のドライブ・駐車場情報

津軽藩ねぷた村のアクセス

付近には東北自動車道が通っていてアクセスがいい場所です。

高速道を利用した場合の所要時間目安

青森市から:通常 約 58分 (43.1 km)

仙台市から:通常 約 4時間10分 (330 km)

東京から:通常 約 8時間8分 (685 km)

IC: 東北自動車道 大鰐弘前IC

どちら方面でも、こちらICが便利です。

ICからは約22分程で着きます。

津軽藩ねぷた村の駐車場

駐車場は1時間220円、以降30分毎110円です。

施設利用状況によっては、1~2時間無料になるようです。

※詳しくはHP等をご参照ください

場所

駐車場

ホームページ

津軽藩ねぷた村
http://neputamura.com/

「津軽藩ねぷた村」の情報

アクセス

住所
電話番号 0172-39-1511
マップコード 71 101 022*03

訪問場所の情報

滞在時間目安 1時間位
公式サイト等 http://neputamura.com/
記事取材時期 2020年秋 昼過ぎ 土日

※本記事や写真は最新の情報と限りません。
必ず公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

ドライブして気晴らしする、しがないおっさんサラリーマン

ドライブして仕事のストレスを発散するサラリーマン。 下道で行きたい所に行って、気の向くまま・一人寂しくドライブを楽しんでます。 このサイトでは、筆者が実際に立ち寄って仕入れた写真・動画、観光地やドライブの情報を中心にご紹介しています。 マイカーやレンタカーでご旅行される際の参考になれれば幸いです。

-青森・五所川原・弘前
-

© 2022 ドライブ旅.com