草津・白根・伊香保 観光地

群馬県の絶景滝「吹割の滝」の観光情報!

2021年3月24日

吹割の滝

ここは?

吹割の滝は群馬県側から日光方面に行く時に利用する国道120号線沿いにあります。

川の中央が割れて、滝になっています。

落差はありませんが、日本ではあまり見ない珍しい滝だと思います。

日本名瀑百選にも選ばれていて、東洋のナイアガラとも呼ばれているそうです。

遊歩道

お手軽オススメ散策ルート

ポイント

このルートが渓谷や吹割の滝を見ながら歩けるメインのルートだと思います。

滝の近くまで行けます。

階段はありますが、舗装されている場所が多くて歩きやすいです。

第1観瀑台

吊橋(浮島橋)

吹割の滝付近には吊橋(浮島橋)があり、その先にも遊歩道があります。

そちらの方に行くと第1観瀑台があり、上の方から吹割の滝を見られるようです。

吹割の滝

吹割の滝

遊歩道を川の上流の方から歩いていくと、遠くの方に滝が見えてきます。

滝の近くに行く前(滝の上流)から見る滝も好きです。

滝の近くまで行くと、横から滝が見えます。

滝間近か迄行けて危なそうですが、カラーコーンが置かれているので安全です。

吹割渓谷

吹割渓谷

マイナスイオンを感じるような渓谷で、その中を歩いて回れます。

吹割の滝とセットで歩いて見るのがオススメです。

般若岩

般若岩

吹割渓谷沿いの遊歩道を歩いているとあります。

般若が大きな口を開けているような岩です。

面白い形の岩ですが、気付かないうちに通り過ぎてしまうもしれないので、崖の方をよく見ながら歩くといいかもしれません。

吹割の滝の駐車場

国道沿いにあるお土産物店などに車を停める形になると思います。

場所

「吹割の滝」の情報

アクセス

住所 群馬県沼田市利根町追貝
マップコード 540 115 818*08

訪問場所の情報

滞在時間目安 1時間位
記事取材時期 2018年秋 昼頃 休日

※本記事や写真は最新の情報と限りません。
必ず公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

週末の下道ドライブが趣味な会社員。

【下道ドライブ範囲】
土日⇒青森~愛知辺りまで
3連休以上ある時⇒西日本など

サンデードライバーなのに年間走行距離4万km以上。
休日に自宅から一人車を運転して46都道府県走破。

このサイトでは、筆者が実際に立ち寄って仕入れた写真・動画、観光地やドライブの情報を中心にご紹介しています。
マイカーやレンタカーでご旅行される際の参考になれれば幸いです。

-草津・白根・伊香保, 観光地
-, ,

© 2022 ドライブ旅.com