佐渡島

真野御陵(順徳天皇御火葬塚)

真野御陵(順徳天皇御火葬塚)

ここは?

真野御陵(まのごりょう)は正式には「順徳天皇御火葬塚」といい、「承久の乱」で佐渡配流となった順徳上皇が崩御された際、この地で火葬にふされました。

御遺骨は翌年に京都に帰京し、父帝の後鳥羽上皇墓所のかたわらに安置されました。

この火葬塚は御陵と同格扱いになっていて、宮内庁が管理しています。

真野御陵へ

駐車場から真野御陵へは徒歩5分ほどの距離です。

駐車場近くには無名異焼や、各種銘菓、地酒など佐渡の名産品を幅広く取り扱っている真野観光センターもあります。

舗装された道を進むと、真野御陵へ続く道の入り口があります。

神聖な雰囲気があります。

歴史を感じる、古い碑もありました。

真野御陵

駐車場側から見て左手に入口があり、その先に御陵があります。

そこには宮内庁の注意書きが。

立ち入りできませんが、木の柵の向こう側に見えます。

スポンサーリンク


-佐渡島
-

© 2022 ドライブ旅.com