奈良

平城宮跡歴史公園

平城宮跡歴史公園

ここは?

平城宮跡歴史公園(読み:へいじょうきゅうあとれきしこうえん)は奈良時代にあった平城京の宮殿跡を整備した公園です。

広い公園で、平城宮にあった建物などを再現しています。

朱雀門、大極門(南門)、第一次大極殿院正殿などが再現されていている他、資料館などの施設もあります。

朱雀門

朱雀門は公園のなかを走る近鉄奈良線より南にあります。

その門の近くには「朱雀門ひろば」という観光施設が集まった場所があり、カフェやお土産物店、シアター、展望所、ガイダンス施設などがあります。

大極門(南門)

公園のほぼ中央付近には「大極門(南門)」という大きな復元された門があります。

朱色の大きな門で、訪れた際は復元工事の真っ最中でした。

第一次大極殿院正殿

第一次大極殿院正殿は公園のほぼ北端にある大きな復元された建物です。

大極殿院は、天皇の即位や元日朝賀などの国家儀式、あるいは外国使節の歓迎の儀式がおこなわれた施設で、平城宮の中心的な建物でした。

スポンサーリンク


-奈良
-

© 2022 ドライブ旅.com