秋田・由利本荘・男鹿・能代

赤神神社 五社堂

赤神神社 五社堂

ここは?

赤神神社 五社堂は、鬼が積んだという999段の石段の先に5棟の社殿がある神社です。

現在の建物は宝永六年(1709年)に造られたものになっていて、現存するその建物は国指定重要文化財にも指定されています。

五社九百九十九石段

五社堂へ続く石段は登山道となっています。

五社堂から一番近い駐車場から登ると、石段の途中から登り始めるようになるようです。

登山道入口はその一番近い駐車場から2,3分歩いた場所にありますが、そこからだと10分~15分程歩けば五社堂に着きます。

石段はそれほど急ではありませんが、999段あるので長いです。

また石段は整っていないので、靴は歩きにくいものだと大変だと思います。

可能ならスニーカーなど歩きやすい靴をオススメします。

途中には姿見の井戸などの見どころがあります。

赤神神社 五社堂

石段を登りきると、五社堂が見えます。

訪れたのは早朝でしたが、歴史を感じるような厳かな雰囲気を感じます。

5棟それぞれの社殿に祀られているのは5匹の鬼で、なまはげのおこりとのことです。

神聖な場所で、歴史を感じます。

スポンサーリンク


-秋田・由利本荘・男鹿・能代
-

© 2022 ドライブ旅.com