稚内・宗谷

「宗谷岬」から樺太が見える!?観光情報ほ|北海道稚内市

2021年9月16日

ここは?

宗谷岬(そうやみさき)は北海道、そして日本本土最北端の地にある岬で、自由に往来する事ができる日本の領土としては最も北に位置する場所になっています。

天気が良い日には海の向こうにロシアのサハリンを望む事もできる最果ての地で、周囲はお土産物店や食事も並ぶ宗谷岬公園として観光用に整備されています。

宗谷岬公園

宗谷岬がある国道沿いエリアと、坂を登った先にある高台のエリアに分かれるようです。

国道沿いの様子

国道沿いには売店や食堂などが並んでいて、宗谷岬のシンボル「日本最北端の地の碑」もこちらにあります。

また、駐車場脇にあるお土産物店では、夏でも流氷が見える他、本土最南端到達証明書も購入できます。

高台の様子

坂を上って行くと広い駐車場があり、その先には広い草原が広がります。

見どころとしては大岬旧海軍望楼や宗谷岬灯台があり、駐車場辺りには美味しいラーメンを頂ける食堂などもあります。

大岬旧海軍望楼

元々は旧日本海軍が明治35年(1902)に建てたもので、今では無料で登る事ができます。

北側を見ると、宗谷岬方向が良く見えます。

南側を見ると宗谷丘陵方面で、草原が広がる景色が良く見えます。

宗谷岬灯台

国道近くからでも見える宗谷岬灯台ですが、上でご紹介した大岬旧海軍望楼からだとよく見えます。

宗谷岬「日本最北端の地の碑」

国道沿いにある駐車場から直ぐ目の前に見える場所に、三角錐のデザインをした「日本最北端の地の碑」があります。

この場所が宗谷岬です。

北極星の一陵を象徴しているという三角錐をした碑は記念撮影スポットになっています。

間宮林蔵の碑

「日本最北端の地の碑」のほぼ目の前にあるのが間宮林蔵の碑(銅像)です。

間宮林蔵は江戸時代の探検家で、樺太(サハリン)が島であることを最初に確認した人です。

ちなみに、間宮林蔵の銅像が見つめる方向にサハリンがあります。

稚内から見えるサハリンは下のリンクに詳しくまとめています。良かったら見てください。

宗谷岬の駐車場は?

公園付近には大きな無料駐車場が2つほどあります。

「日本最北端の地の碑」のほぼ目の前

坂を登った先の高台

場所

駐車場

「宗谷岬」の情報

アクセス

住所

訪問場所の情報

滞在時間目安 30分~1時間位
記事取材時期 2019年4月平日、2021年夏頃など

※本記事や写真は最新の情報と限りません。
必ず公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

ドライブして気晴らしする、しがないおっさんサラリーマン

ドライブして仕事のストレスを発散するサラリーマン。 下道で行きたい所に行って、気の向くまま・一人寂しくドライブを楽しんでます。 このサイトでは、筆者が実際に立ち寄って仕入れた写真・動画、観光地やドライブの情報を中心にご紹介しています。 マイカーやレンタカーでご旅行される際の参考になれれば幸いです。

-稚内・宗谷
-

© 2022 ドライブ旅.com