鳥取県

鳥取・倉吉
旧美歎水源地水道施設

鳥取県鳥取市

エリア: 鳥取・倉吉

投稿: 2022年12月21日

旧美歎水源地水道施設

旧美歎水源地水道施設は、1915年に鳥取市が山陰地方で初めて建設した近代的な水道施設です。 量水施設や濾過施設など当時の姿をそのまま保存しています。 旧美歎水源地水道施設 旧美歎水源地水道施設は、1915年に鳥取市が山陰地方で初めて建設した施設です。 大正時代から残る美歎ダムや、濾過池などが至る所に当時の施設などがそのまま残っていて、自由に見学する事ができます。 美歎ダム(貯水池堰堤) 美歎ダムは大正時代から残っている大きなコンクリート製のダムです。 水源地を1913年に着工し、2年の歳月をかけて完成させたましたが、1918年9月の台風でダムは決壊してしまいました。 この災害を教訓に、鳥取市は貯水ダムを堅固なダムにすることを決めて、日本初のコンクリートダムである神戸の布引ダムの建設に携わった佐野藤次郎の指導のもと、その3年後の1922年にこの美歎ダムが完成し、水の供給を再開したという歴史があります。 一号~五号濾過池 美歎ダムが出来て以降、機能の拡大に伴い1929年には濾過池を増設。 1978年までの60年間、鳥取市民の飲料水として利用されたほか、歩兵四〇連隊(陸軍)の施設や山陰本線を走る蒸気機関車への給水など、鳥取市や山陰地方の発展に寄与してきました。 一つ一つがプールのように大きな濾過池もそのまま現存していて、当時の雰囲気を感じられます。 旧美歎水源地を見学 また、旧砂洗場は復元され、案内・展示施設として利用されており、貯水池を一周する旧管理用道路は見学ルートとして整備されています。 春には桜のライトアップもしているそうです。 見学コースの途中、濾過池の近くには資料スペースが入る建物があり、パネルや人形、その他資料で旧美歎水源地水道施設について学ぶ事ができます。 美歎川のホタル また近くを流れている美歎川の水は凄く綺麗で、夏になるとホタルが舞うようです。 旧美歎水源地水道施設は、施設とその周辺が丁寧に整備され自然環境が保たれているので、訪れる人は絵になる景色も楽しむことができます。

魚見台

鳥取県鳥取市

エリア: 鳥取・倉吉

投稿: 2022年12月11日

魚見台

魚見台は、日本海にせりだした半島「長尾鼻」の付け根付近にあり、展望台からは日本海、小沢見海岸、恋人の聖地として有名な「白兎海岸」などを一望する事ができます。 国道沿いにあるのでドライブ途中でも気軽にアクセスできます。 魚見台 昔、イワシ漁の際はこの場所から魚を探して漁船に向かって大声で指示をしていたと言われていて、そこから「魚見台」と呼ばれているそうで、北側は「長尾鼻」の絶景が。 南を見ると姉泊海岸やその先の景色が良く見えました。 お天気が良い日には鳥取空港や鳥取砂丘の方まで見えるようです。 魚見台からの眺めをパノラマ写真にしてみました。良かったらご覧ください。 パノラマ写真

田後公園

鳥取県岩美町

エリア: 鳥取・倉吉

投稿: 2022年10月19日

田後公園

田後公園(読み:たじりこうえん)は岩美町の田後港近く、日和山にある展望台・公園です。 脚下は断崖絶壁の絶景が望めて、田後港の景色も見えます。 田後公園 公園は綺麗に整備されていて、遊歩道のような道がありますが歩きやすかったです。 公園の階段を登って行くと港神社、石造りの灯台があり港の眺めが綺麗です。 公園の中央付近には東屋があって、のんびりできそうです。 行き止まりのようですが公園の奥の方まで遊歩道があって、眼下には断崖絶壁の海岸の景色が絶景です。 柵があるので危なくなかったです。

因幡万葉歴史館

鳥取県鳥取市

エリア: 鳥取・倉吉

投稿: 2022年9月19日

因幡万葉歴史館

因幡万葉歴史館は万葉のふるさとといわれている、鳥取県の国府町にある歴史博物館です。 因幡万葉歴史館 因幡万葉歴史館では万葉歌人の大伴家持を中心に、因幡の傘踊りや、古代因幡の歴史を映像などで紹介しています。 時の塔(展望塔) 因幡万葉歴史館のある敷地には時の塔(展望塔)があり、無料で登る事ができます。 時の塔(展望塔)からの眺め 展望塔からは因幡三山や、因幡国の国府が置かれていた国府町が望めます。 遠くには鳥取市街地なども。

板井原伝統的建造物群保存地区

鳥取県智頭町

エリア: 鳥取・倉吉

投稿: 2022年4月10日

板井原伝統的建造物群保存地区

板井原伝統的建造物群保存地区(いたいばらでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)は、江戸時代~昭和初期の伝統的な建物が並んでいる場所です。 山間にある集落で、昔ながらの風景を今でも感じる事ができます。 駐車場から板井原伝統的建造物群保存地区へ 集落へ続く道の入り口に公衆トイレもある「板井原集落駐車場」があり、そこから徒歩6,7分程で板井原伝統的建造物群保存地区の建物があるエリアに着きます。 その道は車道ですが、細いです。 集落近くにも駐車場がありそこまで車で行けましたが、狭いので手前の駐車場に停めて歩いて行くのがオススメです。 板井原伝統的建造物群保存地区 集落には江戸時代から昭和初期という伝統的な建造物が残っています。 車も通れる車道沿いからも集落が見えます。 この時は秋だったので紅葉も綺麗でした。 集落には赤波川という小さな川が流れていて、その沿いにならぶ古い建物も見どころです。 山間にある昔ながらの集落の風景になっています。 智頭町の有形文化財文化財に指定されている「藤原家住宅」 昔ながらの茅葺屋根で大きな建物です。 車道から集落の方へ入って行くと、狭い路地がありそこにも伝統的な古い建物が並んでいます。 車が無いような時代の雰囲気を感じられました。 赤波川沿いには川に降りれるような場所もあります。 洗濯もできそうです。昔のことも思い出せそうなのどかな風景です。

久松公園・仁風閣

鳥取県鳥取市

エリア: 鳥取・倉吉

投稿: 2021年7月1日

久松公園・仁風閣

久松公園(きゅうしょうこうえん)は鳥取市街地にある都市型の公園です。 公園付近にある久松山は鳥取城跡がありますが、この久松公園にも鳥取城の石垣等が残っています。 久松公園の敷地内には、鳥取県立博物館や仁風閣(じんぷうかく)があります。 久松公園 鳥取城の石垣が残り、歴史を感じる公園です。 奥の方に登っていくと高台になっていて、鳥取市街地が眺められます。 仁風閣 久松公園の敷地内にある仁風閣は明治40年にできた洋風建築の建物で、重要文化財にも指定されています。 中は見学できます。 施設情報 開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで) 休館日 毎週月曜日(ただし祝日の場合は開館します) 祝日の翌日 年末年始 観覧料 一般/個人:150円  団体(20人以上):120円 小中高生:無料 次の方は、観覧料が無料となります。  65歳以上の方(保険証など証明できるものを提示) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方 介護保険法の規定により要介護状態または要介護状態となるおそれがあると認定された方とその介護者 ※必ず公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。 仁風閣の写真撮影は? 展示している資料など一部は撮影NGになっています。 展示に関しては撮影OK・撮影NGのように展示物の横に明記されているので安心です。 仁風閣の2つの庭園 仁風閣の正面と裏手に庭園があります。 庭園は入場料がかからず散策ができます。 仁風閣の館内 入館料は大人150円なのでお得感があります。 豪華な作りをしている建物内を見学できます。 場所 久松公園・仁風閣の駐車場 仁風閣には専用駐車場がありません。 公式HPを見ると、無料の駐車場が周辺に幾つかあるのでまとめてみました。※仁風閣の目の前にある駐車場は鳥取県立博物館用なので、仁風閣のみの利用の場合は周辺の駐車場を利用する形になります。 駐車場 ※道路脇 駐車場 ※日曜祝日開放 駐車場 駐車場 ※日曜&祝日は駐車フリー

倉吉白壁土蔵群

鳥取県倉吉市

エリア: 鳥取・倉吉

投稿: 2021年6月20日

倉吉白壁土蔵群

倉吉白壁土蔵群(くらよししらかべどぞうぐん)は、江戸、明治期に建てられた建物が多くあり、赤瓦に白い漆喰壁という風情ある町並みが残っています。 倉吉白壁土蔵群 玉川沿いに並ぶ倉吉白壁土蔵群です。 当時の様子を当時の様子を今でもうかがい知る事ができます。 倉吉白壁土蔵群周囲の町並み 倉吉白壁土蔵群の周りにある街並みもレトロで風情があります。 土蔵群周囲の散策もオススメです。 買い物も良いかもしれません。 倉吉白壁土蔵群の駐車場 無料の駐車場が幾つかあります。 琴桜・赤瓦観光P 無料13台 倉吉市役所第1観光P 無料60台 裁判所横観光P 無料10台 倉吉市役所第2観光P 無料200台 場所

© 2023 ドライブ旅.com