黒部・立山・魚津

「称名滝・ハンノキ滝」は日本一の滝の絶景!観光情報ほか

2021年6月14日

称名滝・ハンノキ滝

ここは?

称名滝(しょうみょうだき)は落差が約350mある、日本一とも言われる規模を誇る四段構成の滝です。

雪解け水が増える春頃など、称名滝の隣に落差約500mにもなる巨大なハンノキ滝が現れます。

特にハンノキ滝は見られる期間が限られる事から幻の滝と言われ、日本一の滝として認められない事もありますが、滝が現れた時期には大迫力の姿を見る事ができます。

雪解けで水量が多い時期などは、ハンノキ滝の横にソーメン滝が現れ、3つの巨大な滝を見る事ができます。

駐車場から称名滝展望台へ

称名滝展望台への遊歩道入口

駐車場から先にも道路がありますが、一般車両進入禁止になっています。

この道路を歩いて展望台まで向かって行きます。

称名滝、現地の案内看板

称名滝展望台へ続く遊歩道

称名滝展望台へ続く遊歩道

上の写真は駐車場から称名滝展望台へ続く遊歩道の様子です。

普通の車でも通れそうな道(一般車通行止)が続きます。

遊歩道は階段は殆ど無く、舗装されていて歩きやすいですが片道徒歩20分~30分程かかります。

遊歩道の様子としては、途中から称名川を横目に歩いて行きます。

残雪

川の方を見ると残雪が!

5月でも凄い雪の量でした。

目の前を見ると、

遊歩道から見える滝

向こうの方に見えてくる滝々を望みながら進んで行きます。

【中央】ハンノキ滝・【右側】ソーメン滝

この風景も絶景です。

上の写真中央がハンノキ滝です!

その右側にはソーメン滝も見えます。

称名橋

称名橋

遊歩道を奥に進んで行くと滝が間近に見え、凄い量の水飛沫が飛んでくるようになります。

称名橋

その辺りにある橋が称名橋で、ハンノキ滝を迫力満点で見るにはこの橋から眺めるのが最高です!!

称名橋

晴れている日には滝の手前に沢山の虹がかかり、その向こうにはカメラにも収まらない程の巨大な滝が見えます。

※景色に夢中になって長居すると水しぶきで全身水浸しになるので、ご注意を。

称名橋

称名滝展望台

称名滝展望台

遊歩道を進むと、称名滝展望台があります。

名前の通り称名滝が良く見える展望台で、こちらの景色も凄いです。

ハンノキ滝は角度的に少し見えにくいですが、虹も見えて絶景です。

水しぶきは飛んで来ないので、ゆっくりと滝を眺められますよ。

称名滝展望台

称名橋から展望台辺りまでの様子を動画にしてみました。

良かったら見てください。

称名滝展示館

称名滝展示館

称名滝展示館は2階が展示室になっている建物で、バスの駐車場の中に有ります。

称名滝の駐車場(称名平駐車場)

称名滝の駐車場(称名平駐車場)

遊歩道の入り口辺りに無料の駐車場があります。

繁忙期は直ぐ一杯になっていたので、その場合は隣接する別の駐車場に停められます。

場所

駐車場

「称名滝・ハンノキ滝」の情報

アクセス

住所 富山県立山町芦峅寺
マップコード 889 243 605*10

訪問場所の情報

滞在時間目安 1時間位
記事取材時期 2021年春 昼過ぎ

※本記事や写真は最新の情報と限りません。
必ず公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク


-黒部・立山・魚津
-, ,

© 2022 ドライブ旅.com