福島・郡山・いわき

木幡山隠津島神社

2021年12月21日

木幡山隠津島神社

ここは?

木幡山隠津島神社(こはたやまおきつしまじんじゃ)は、二本松の市街地から車で15分ほど離れた木幡山の中腹にあります。

御祭神は瀛津嶋姫命、田心姫命、湍津姫命で、縁結びの神様として知られます。

境内には「木幡の大杉」や、大木並ぶ杉林の中にある朱色の三重塔などの見所があります。

境内へ

駐車場から伸びる階段を登っていきます。

階段を登りきると、杉林が!

全体的に太い木が多く、歴史を感じます。

木幡山展望台

メインのルートから逸れて、木幡山展望台へ。

舗装されていなく傾斜があるので若干歩きにくいですが、2分ほどで着きました。

天気が悪かったので展望台からの写真を撮り忘れてしまいました(汗)が、二本松方面の景色が良く見えて眺めが良かったです。

木幡の大杉

木幡の大杉は駐車場から階段を登って神社へ向かう途中にある大きな杉の木です。

境内には太い杉の木が多くありますが、一際大きな杉の木です。。

樹齢700年とも言われ、国指定の天然記念物にも指定されています。

なかなかのパワースポットではないでしょうか?

三重塔

そのまま真っ直ぐ進むと、鮮やかな朱色の三重塔があります。

杉林の中に建つ姿は歴史を感じ、神秘的でもあります。

数百年の歴史がある神社の雰囲気を感じられます。

医薬神社

三重塔から階段を上ると、左手に医薬神社があります。

後ろを振り返ると、先ほどの三重塔も見えます。

階段は長いですが、手摺もついます。

本殿

階段を登りきると、本殿があります。

本殿の周囲

本殿の横から移動する事ができ、沢山の神社の祠があります。

その奥には古い鐘楼もあります。

木幡山経塚群

鐘楼から経塚群へ続く道の写真

木幡山経塚群は平安時代末期にお経を埋めたところで、木幡山の尾根に一線上に経塚6基が並んでいます。

木幡山より出土したといわれる経筒は奈良国立博物館に収蔵されているそうです。

スポンサーリンク


-福島・郡山・いわき
-

© 2022 ドライブ旅.com