一関・平泉・遠野

稲荷穴

2022年3月18日

稲荷穴

ここは?

稲荷穴(いなりあな)は、奥行が約700mある鍾乳洞で入るには市の許可が要るので通常入れませんが、そこから出る湧水は岩手の名水20選に選ばれているという美味しい水が湧き出るスポットになっています。

稲荷穴付近は?

最初の鳥居がある辺りから稲荷穴キャンプ場というキャンプ場になっています。

無料の休憩所もあります。

名水スポットなので、キャンプができる付近にも水が出ている場所がありました。

殺菌処理されていてそのまま飲めるようなので自宅に持ち帰ったり、キャンプの際にも湧水を使って料理等できそうです。

※この時、稲荷穴付近にある湧水は飲めないようだったので、飲みたい場合はこちらかの湧水からがオススメです。

自分が訪れた当時は付近でクマの目撃が多発しているとの事で、キャンプ場の利用時間を制限していました。

キャンプ場は利用せず稲荷穴へ向かう場合も、早朝や夕方などの時間帯は特にクマに注意が必要かもしれません。

(Googleの口コミにもクマの目撃情報がありました)

稲荷神社

駐車場近くにある鳥居をくぐってクマに注意しながらキャンプ場を更に先に進んで行きます。

奥の方へ進んで行くと、また違う鳥居があり、その先に階段があります。

階段を登って行くと、稲荷神社があります。

古くから雨乞いの信仰がある神社との事で、雰囲気があります。

訪れたのは早朝だったので人は居なくて、自然の中で落ち着くような雰囲気の中にある神社です。

近くには観光化が完了した際の碑などがあり、その近くに稲荷穴があります。

稲荷穴

稲荷神社がある近くに鍾乳洞稲荷穴があります。

許可が必要なので基本的に入れない鍾乳洞ですが、その付近から湧水が出ています。

訪れた際には降雨の関係で飲む事には適さない状態になっているようでしたが、湧水をくべれるようになっていました。

稲荷穴の駐車場は?

稲荷穴の駐車場

県道160線沿いに広い無料の駐車場があります。

稲荷穴の場所

駐車場

「稲荷穴」の情報

アクセス

住所

訪問場所の情報

滞在時間目安
記事取材時期

※本記事や写真は最新の情報と限りません。
必ず公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

ドライブして気晴らしする、しがないおっさんサラリーマン

ドライブして仕事のストレスを発散するサラリーマン。 下道で行きたい所に行って、気の向くまま・一人寂しくドライブを楽しんでます。 このサイトでは、筆者が実際に立ち寄って仕入れた写真・動画、観光地やドライブの情報を中心にご紹介しています。 マイカーやレンタカーでご旅行される際の参考になれれば幸いです。

-一関・平泉・遠野
-

© 2022 ドライブ旅.com